コーヒーフロート



白くてあまくて うわべのアタシだけを
スプーンですくって おいしく食べちゃうの?
それとも黒くて ほろにがな中身までも
残さずきれいに 食べられるのかな?

目の前のアタシ あなたみえてる?
あなたの瞳には アタシの偽物(フェイク)あげる

クリーム アイスに チェリーも添えちゃっている
まわりにふりまく ひまわりの笑顔だね

アイマイにすごしてきたの
アイジョウにふれてみたくて
アイラブユー伝えられても困っちゃうの

きっと

ユウカンに気持ちを込めて
ユウジョウに後押しされて
ユーキャンドゥーあきらめないで

アタシをここから つれて逃げて

シュガーもミルクも 「まぜるな危険」よ
アタシの中身は ブラックオンリー

だから

着飾るうわべに 騙されるくらいなら
まだアタシのなかには 踏み込んでこないでちょうだいね☆

目の前のあなた アタシ笑ってる?
聞きたいよ あなたがどちらのアタシを見てるかを

アイマイにキモチはぐらかしても
アイジョウを望むアタシのココロ
アイラブユーいつかあなたの前でくちばしりそう

だから

アイマイにすごしてきたの
アイジョウにふれてみたくて
アイラブユー伝えられても困っちゃうの

きっと

ユウカンに気持ちを込めて
ユウジョウに後押しされて
ユーキャンドゥーあきらめないで

アタシをここから つれて逃げて





この歌詞は、中央道のドライブ中に流れていたラジオでの会話の中でクリームソーダの話題がありまして。クリームソーダってほら、アイスクリームが緑色の液体に浮かんでるやつじゃないですか。で、「ああそういえばコーヒーフロートって飲み物もあったなぁ」みたいなところになりまして。そこから頭の中で妄想が広がって、擬人化?みたいな。

内容的には、表面的に可愛い女の子が、実は腹黒な感じだったりっていうありがちな設定で書きました。ちゃんと自分をみてほしいっていうキモチと本当の自分をみられることが怖かったりする葛藤だったり。

ただ言葉遊びをいろいろ入れてみた結果、実は内容がよくわからんことになってるのはまあよくあることだったりします。




まず、この曲からピコピコを入れ始めました。この曲だと左右で結構派手に鳴ってます。この音が隙間をいい感じに埋めてくれるんだなぁって思ってます。あと、Vocaloidに関して「音を繋げないで切る」ってのを結構意識しました。息継ぎの場所をちゃんと作るって感じで。

曲の構成としては特筆することはないんですが、強いて言えばサビの途中で転調をするってのをやってます。アイからユウに変わるところで調を変えて、つれて逃げて〜のところで元に戻してます。

音色に関しては、曲の中心になる部分(ドラム、ベース)はソフトに完全に移行しました。この曲だと全部ソフトシンセになってます。

自分の中ではこの曲より前と後であきらかに曲の印象が変わるので(なんていうか、音色の使い方とかそういうの)、結構思い出深いのです。たぶんピコピコの所為。Viva!ピコピコ!(笑) -- Mar 30, 2013

リズム取りの楽器の音符の置き方や細かいフレーズ、細かくないフレーズの追加も含めていろいろ修正しました。あとガッツリとミキシングを変えました。曲の根幹の部分は変えていないのですが結構印象が変わったかもしれません。 -- Sep 27, 2014



back to piemix

words and musicpiemix
release dateJune 25, 2011
instruments 初音ミク
Addictive Drums
Scabee Pre-Bass
Real Strat
z3ta+
FM8
download mp3