坂道



Ah 約束の場所 ふたりだけの 桜並木の坂の道で
手をはなしたら こわくなって ギュッとにぎりしめた

届かなかった 届けたかった あのころのわたしたちに
「わすれないで、この想いを」

Ah 時がたてば 消えてゆくこと 喜び悲しみ 全部つめて
その両手から あふれた 欠片から みつけた 輝きを

そう 一度は決めた 別々の道 歩んでゆくこと
「いまは、さよなら」だなんて 強がってたね

きっとふたりは わすれないよ この景色を

届かなかった 届けたかった あのころのわたしたちに
「わすれないで、この想いを」

そう 一度は決めた 別々の道 歩んでゆくこと
「きっと、あいにいく」なんて 嘘でも うれしかった

きっとふたりは わすれないよ この坂道





歌詞にでてくる「桜並木」と「坂道」の組み合わせって言うのはある意味すごく定番のシチュエーションだと思います。 そこに「恋人」だとか「約束」なんていうアイテムを持ち出すと定番中の定番、王道になってしまうのではないでしょうか。

さて、春は別れと出会いの季節ですが、桜の木の下でのシチュエーションは別れのイメージです。なんででしょうかね。きっとこのふたりは別々の進路を選んだんでしょうけど、将来の再会を誓って「いまはさよなら」なのです。悲しいけど、泣きそうだけど、笑顔でのサヨナラ。再会の誓いが果たされることがあるのかな?




ピアノとアコギとストリングス。途中からアクセントでドラム。非常にシンプルな構成です。この頃はハードシンセばっかり使ってますね。初の歌物ってことで右も左も解らない状態です。あとついでに初のSONAR8です。

Aメロのコード進行はIのオンコードで上物がI -> IVm6 -> I -> IVm6を繰り返してます。ちょっとアンニュイな感じになって割と好きな進行です。BメロはV -> Vm -> IV -> IVmと真ん中の音が半音ずつ下降する感じです。2回目のAメロの後にBメロと思わせておいて転調してサビに行きます。2回目のサビでさらに転調とか定番ですね。

ボーカルはメインが初音ミク、サブがGUMIです。今だったらこのタイプの曲に初音ミクを使わないんじゃないかなぁとか思いますが、これはこれで好きです。-- Dec 9, 2012



back to piemix

words and musicpiemix
release dateApril 6, 2010
instruments 初音ミク
GUMI
XV-5080
MOTIF-RACK ES
Addictive Drums
RD-700GX
download mp3